ミュージシャン、ファッションモデル、女優としてマルチな活動を続ける土屋アンナ。

1998年、モデルとしてデビュー。

2004年には映画「下妻物語」に出演し、日本アカデミー賞新人賞、助演女優賞、ブルーリボン賞最優秀新人賞を初めとする8部門を受賞。

ミュージシャンとしては、2002年にロックバンド「Spin Aqua」のヴォーカルとしてデビュー。

2012年には名だたるアーティストとのコラボアルバム「12 FLAVER SONGS」をリリース。(コラボアーティスト:難波章浩(Hi -STANDARD)、布袋寅泰、AI、MONKEY MAJIK等)

2014年には、地上波ドラマ初出演(TBS系 日曜劇場「S -最後の警官-」)、またミュージシャンとしては、自身のバースデーでもある3/11にミニアルバム「Sugar Palm」をリリース、そしてライブ「アンプラグドツアー2013 extra 「Recollections for 30 years」」(3/11 ブルーノート東京、3/13 ビルボードライブ大阪)を行うなど、精力的に活動を行っている。

http://anna-t.com/

土屋アンナ 土屋アンナ
かりゆし58 かりゆし58

2005年4月沖縄で結成の4人組バンド。

沖縄音階にロック、レゲエをチャンプルーしたサウンドと、かざらない言葉でメッセージを発信し、世代を超え人気をよんでいる。

2006年2月ミニアルバム『恋人よ』でデビュー。2006年7月にリリースの母への感謝の気持ちをストレートに唄った「アンマー」が多くの共感を呼び、日本有線大賞新人賞を受賞。

2009年2月リリースの5thシングル「さよなら」が松山ケンイチ主演ドラマ『銭ゲバ』主題歌に抜擢され大きな話題に。

2011年7月にベストアルバム『かりゆし58ベスト』をリリースし、初のオリコン総合アルバムチャート5位を記録し、2011年度オリコンインディーズアルバムランキング年間第1位を獲得!

今年10月には6thフルアルバム『大金星』をリリース。

さらに11月からアルバムを引っ提げての全国ツアー「ハイサイロード~大金星~2014-15」がスタート!

沖縄で生まれ育った彼らならではの『島唄』を全国に向け唄い続けている。

http://kariyushi58.com/

若者のチカラ 東京一極集中からなる、若者の人口移動は地方創生の視点から、大きな問題の1つとして挙げられます。しかし、若者を中心に経済性や利便性だけでなく、価値観を重視される傾向をチャンスと捉え、若者が活躍するステージ構成を行います。
ガールズパワー 人口減少が進む中で、減少の歯止め・経済の活性化に女性の活躍は不可欠であります。女性のライフステージに合した活躍支援が必要であり、和歌山で活躍される女性の方々にスポットをあてたステージ構成です。
一般社団法人 和歌山青年会議所 〒640-8227和歌山市西汀丁36番地(和歌山市商工会議所5階)TEL:073-428-3334(代表)/FAX:073-431-1693